感染症ヘルペスの種類について

ヘルペスとは、水ぶくれが集まったような腫れができる病気で、ウイルスによる感染症の1つです。人の身体に侵入して感染症を引き起こすヘルペスウイルスには、8種類が知られています。どれも水ぶくれがたくさんできるという点では共通していますが、感染するウイルスによってその症状は様々です。 まずは、単純ヘルペスウイルス1型です。これは口唇ヘルペスを引き起こすウイルスで、最も代表的なウイルスです。単純ヘルペスウイルス2型になると、口唇ではなく陰部にヘルペスを作ります。続いて、水痘・帯状疱疹ウイルスです。これはいわゆる水疱瘡や帯状疱疹を引き起こします。次に、エプスタイン・バーウイルスがあります。これは伝染性単核球症やバーキットリンパ腫などの感染症の原因となるとともに上咽頭癌を引き起こします。あとは、サイトメガロウイルスです。これは巨細胞封入体症の原因となり、網膜や肺に炎症を起こします。最後の3つはヒトヘルペスウイルス6,7,8で、それぞれ突発性発疹や脳炎、カポジ肉腫などを引き起こします。 このようにいろいろな種類のウイルスがいますが、その特徴は回帰感染を起こすことにあります。回帰感染とは、1度の感染で保菌者になると、抵抗力が弱まった時などに症状が再発することです。水痘・帯状疱疹ウイルスなどの初感染と回帰感染で症状の異なる種類のウイルスもあり、ヘルペスウイルス全体のもつ症状は多岐に渡ります。 ただ、これらは感染症であるため、ワクチンの接種等で予防することが可能です。また、発症したとしても早いうちに治療を行えばそれほど手ごわい病気ではありません。早期発見・早期治療を心がけることが大切であると言えるでしょう。