性病・感染症・うつ病の症状を起こすヘルペスウイルス

ヘルペスウイルスは約100種類が発見されており、人間に感染するのは8種類です。約70~80%の日本人が持っているとされる単純ヘルペスI型は、口唇や角膜に水泡を作ります。また単純ヘルペスII型は2~10%の日本人が持っていて性病を起こし、女性ではクラミジアの次に多いとされていますが、オーラルセックスの増加によりI型による症例も増えています。また水ほうそうや帯状疱疹を起こすウイルスや、伝染性単核症を起こすエプスタインバーウイルス、サイトメガロウイルスなどがあります。最近患者数が多いうつ病ですが、うつ病にもヘルペスウイルスが関係しているという研究発表があります。ヒトヘルペスウイルス6は脳内に潜伏感染し、疲労などにより再活性化した時にうつ病や気分障害を引き起こす抗体が作り出されると考えられています。またこれはうつ病などの精神疾患以外の慢性疲労症候群にも関連している可能性があります。性病・感染症を起こすヘルペスウイルスの問題点は、一度感染すると完全に排出はできず、神経節など体内に潜伏し続ける事にあります。性病・感染症で症状が治まっても、体調不良や加齢、投薬などで免疫力が低下すると、活性化され症状を引き起こします。特に有名なのが高齢者や病気になった時に発生しやすい帯状疱疹や、繰り返す口唇や性病の水泡があります。ヘルペスウイルスは珍しい物ではなく、多くの日本人が感染していて、いつもは症状を起こさない事が多いウイルスです。しかし中には重症の急性脳炎を発症する事もあり、急な発熱や痙攣発作、意識障害、幻覚などを起こし最悪では死亡する事もあります。性病・感染症になった時には早期に治療を受け、周囲の人にうつさない配慮が必要です。