女性に多いヘルペスなどの自覚症状を伴いやすい性病

特に女性はクラミジアや淋病といった性病に罹った時、自覚症状ができにくい傾向があります。しかしヘルペスやトリコモナスは、自覚症状が出やすい性病です。ヘルペスは水泡ができてただれてしまい、排尿や性行為時の時に痛みを感じやすいです。トリコモナスは特別痛みといった症状はありませんが、黄色や黄緑といった泡立ったオリモノが分泌されやすく、時に悪臭を放つこともあります。このような症状が出た場合は、性病を疑ってみましょう。 ヘルペスは一度罹ってしまうと完治させることができません。しかしうまく付き合っていくことで症状が悪化させずに済むことがあります。ヘルペスウィルスの増殖を抑える医薬品があり、ヘルペスができたときにそれを服用することで、ヘルペスの増殖を抑えることが可能です。また疲れている時や免疫力が落ちている時は、ヘルペスの症状が出やすくなりますので、疲れやストレスに気を付けましょう。 トリコモナスは特別悪さをするわけでもありませんが、オリモノが増えたり、人によっては痛みを生じることがあります。女性の性器のトラブルで多い原因のひとつになりますので、気付いたときは治療を受けるようにしましょう。治療を受けないでも、クラミジアや淋病といった性病のように不妊になるといったことが少ないですが、不快感がありますので治療を受けた方が良いでしょう。 せいびょうの中でもヘルペスやトリコモナスは自覚症状が出やすい病気です。なんらかの症状を感じた場合は、それがサインになりますので、積極的にクリニックを受診しましょう。それらの病気だけではなく、自覚症状がない性病を発見できるチャンスでもあります。性器のトラブルは早めに解決してください。