ヘルペスは斑点ができるものとできないもので違う

基本的に、ヘルペスそのものは性病だけで生じる症状ではありません。しかし、性行為によってもたらされた赤い斑点を伴う病名は性病の一種なので性行為がないと基本的には症状を発症することはないのです。こうした病名を性器ヘルペスと言います。 性器ヘルペスの特徴は、性器に赤い斑点や皮膚のただれができることです。初めてこの病名にかかったときには非常に強い痛みや発熱を伴うことになるため性行為をしてしばらくした後にこのような症状になったときにはすぐに病院で審査してもらわなくてはいけません。また、性器ヘルペスは再発で赤い斑点が出ることもしばしばある病気です。再発の場合は、比較的軽い症状で済むことが多いのでそれほど神経質にならなくても済みます。 基本的に、性器ヘルペスは男性も女性も症状を出すものです。女性の場合は外陰や膣の入り口、そしてお尻にも症状が見られます。男性の場合は、亀頭に見られることが多く目視で赤い斑点を確認することができます。 初感染したときの症状は基本的に最低でも4日間の潜伏期間が存在しますのでその潜伏期間が経過してから高熱を発症することになります。初期の段階では患部に痒みが生じるのですがそれが次第に水ぶくれになってまもなくその水ぶくれが潰れます。そして、皮膚のただれとなって痛みに変わるのです。 女性の場合は痛くて排尿ができなくなってしまうことがあるためすぐに病院に行かなくてはいけません。女性が性器ヘルペスにかかる性器だけではなく子宮内部や膀胱にも悪影響を及ぼす危険性があるため本当に気をつけなくてはいけません。 このように、性行為があってから斑点が生じたときには速やかに病院に行って検査をして治療することが大切なのです。